母親悔しさ吐露「なんでこの子だけ体重増えないの」 給食のおかずスプーン1杯…こども園が定員超過隠し運営 (1/2ページ)

2017.03.21

2歳児に提供されていた「わんずまざー保育園」の給食 (兵庫県姫路市提供)
2歳児に提供されていた「わんずまざー保育園」の給食 (兵庫県姫路市提供)【拡大】

  • <p></p>

 兵庫県姫路市は19日、同市内の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)が、定員を超える園児を自治体に隠して受け入れていたとして、認定こども園法などに基づき、県が今月中に認定を取り消す方針であることを明らかにした。匿名の情報提供を基に、県と市が先月23日に特別監査を実施し、同園の不正が判明したという。

 同市によると、認定が取り消された場合、平成27年に国の「子ども・子育て支援新制度」が導入されて以降、全国初のケースとなる。

 同園は15年に認可外保育施設として設立され、27年度から私立認定こども園に移行。市への届け出定員は46人としていたが、定員のほか22人を市に無許可で保育していた。利用料は、市が保護者の所得などに応じて決めるが、定員外の22人分については、独自の利用料を設定して直接契約し、1人当たり月額2万〜4万円を受け取っていた。

 同園は約70人いる園児に対し、40人分程度の給食しか発注しておらず、この給食を全員で分け与えていたという。

 また、同園には年間約5千万円の公費が給付されていたが、市の調査で、同園が保育士の数を実際より3人多い13人と水増しして報告し、国の基準に適合しているように装って給付金を受給していた。

 ■給食は40人分を70人で

 「なんでこの子だけなかなか体重が増えないのか気になっていた。食事も満足に取れない施設に入園させてしまい申し訳ない思いだ」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。