早大+慶大合格者数ランク 定員厳格化で合格者が大幅減、大手予備校も驚き隠せず (1/2ページ)

2017.03.31

 新学期がまもなくスタートするが、今週は早稲田大と慶應義塾大の合格者合計ランク=3月25日現在=を紹介したい。

 今年は文系人気もあって、私立大の志願者は全体で約8%も伸び、早慶も志願者増だった。

 一方で、昨年から、入学者を定員通りにしていく文科省の定員厳格化が進められている。そのため、入学者を減らすことは合格者を減らすことにつながり、今年は一般入試で合格者を減らす大学が続出した。

 早稲田大は当初の合格者数が1701人、昨年比で9・7%減の1万5840人。慶應義塾大も461人、同5・5%減の7969人。両校あわせて2162人の減少だ。結果、今年は高校別の合格者数が減っている。

 首位の開成は、早慶ともトップだったが、昨年より95人減。早稲田は283人から197人に86人減、慶應は168人から159人に9人減だ。

 2位の渋谷教育学園幕張は、昨年より14人減ったが、現役合格者数は早慶ともトップの251人。合格者の8割近くが現役だった。上位は中高一貫校が多いが、公立トップ高も順位を上げた。

 合格発表後、追加合格が発表されるが、大手予備校の担当者は「これだけ早慶の合格者が減るとは、思ってもいませんでした。志願者増、合格者減で倍率が上がっており、こうしたときは入学手続き率も高くなりますから、思ったほど追加合格者は出ない」という。最終的な合格者数は昨年より減ったままという。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。