梅毒感染者が急増!最速1000人超え 20代女性患者が目立つも「原因は不明」 (1/2ページ)

2017.04.05


【拡大】

 国立感染症研究所は4日、今年の梅毒の感染者が3月26日までに1013人(速報値)となったと発表した。42年ぶりに感染者が4千人を超えた昨年同時期(796人)を上回るペースで、現行の統計方法になった平成11年以降、最も速い。厚生労働省は体の不調があったら早めに受診するよう呼びかけている。

 感染研によると、感染者は東京323人、大阪147人、神奈川61人、福岡55人、愛知45人、埼玉39人、兵庫37人−など都市部に多い。鳥取、島根、徳島では感染報告がない。

 梅毒の感染者は戦後間もない時期には年間20万人を超えたが、抗菌剤治療が普及して激減。22年は621人にまで減ったが、昨年は昭和49年以来となる4千人を超え4559人(男性3174人、女性1385人)と激増した。

 特に20代前半の女性での感染増加が目立つ。

 ■原因不明の感染拡大

 急増する梅毒の感染者を減らそうと、厚生労働省は人気アニメ「セーラームーン」を起用したポスターを作成するなど啓発に力を入れる。ただ、なぜ患者が増加しているかが分かっていないため、適切な感染防止策を打ち出すのは難しい。国は研究班を立ち上げ、原因究明を進めている。

 梅毒は梅毒トレポネーマという細菌が皮膚や粘膜から入り込むことで起きる感染症で、主に性行為によって感染する。感染すると皮膚や性器にしこりができ、その後、赤い発疹が出る。発熱や倦怠(けんたい)感などの症状が出ることもあるが、数週間で消えることもあり、患者だけでなく医師も梅毒と気づかないことがある。

 しかし、治療しないと脳や心臓に重い合併症を起こすこともあるほか、周りに感染を広げる恐れもある。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。