杉並区民家で62歳女性遺体 警察に「相続トラブル」相談との報道も

2017.04.12

上田さんの遺体が発見された東京都杉並区の民家
上田さんの遺体が発見された東京都杉並区の民家【拡大】

 東京都杉並区の民家で、台所の床下からこの家に住む無職、上田美恵子さん(62)の遺体が見つかった事件で、遺体の左胸には複数の深い刺し傷があり、首に圧迫痕があった。警視庁は上田さんが殺害されたとみて調べているが、上田さんは、以前に相続関連で警察に相談していたとも報じられている。

 上田さんの死因は左胸の刺し傷による失血死か、粘着テープや首の圧迫による窒息死と判明。顔には殴られて骨折した形跡があり、死後約3カ月ほど経過しているとみられる。室内は施錠されていた。

 上田さんは旅行情報誌「るるぶ」を発行する出版社「JTBパブリッシング」に数十年勤務していた。3姉妹の三女で、練馬区のマンションに部屋を所有していたが、両親が亡くなったため2013年に実家だった杉並区の住宅を相続した。今年1月初旬にはタオルを持って「リフォームするんです」とあいさつしながら近所を回っていた。

 11日付読売新聞朝刊は、上田さんが13年9月に警視庁荻窪署を訪れ、「相続の関係でトラブルになるかもしれない」と相談していたと報じた。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。