杉並区民家で62歳女性遺体 血液拭いた痕跡見つからず

2017.04.13

 東京都杉並区の自宅で、胸に刺し傷のある無職、上田美恵子さん(62)の遺体が見つかった事件で、家の中に大量の血痕が残っていたり、血液を拭いたりしたような痕跡が見つかっていないことが12日、分かった。

 警視庁捜査1課は、遺体のそばに上田さんが履いていたとみられるスリッパがあることから住宅内で殺害されたとみて、現場の特定を進めている。遺体は床下の収納ケースの奥で倒れており、何者かが殺害後、見つかりにくい位置に動かした可能性もある。

 左胸の傷は数カ所で、一部は心臓や背中を貫通。口や鼻に粘着テープが巻かれ、首の骨も折れていた。同課は死因を失血死と窒息死の両面から調べている。

 上田さんは肌着やセーターの上にブレザーを着ていたことなどから、外出の前後に襲われた可能性もあるとみられる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。