【自分で守る旅とカネ】知っておきたい海外旅行傷害保険、帰国後の治療や交通費も対象に 補償範囲・支払い要件の確認を (1/2ページ)

★(4)

2017.04.27

海外に出掛ける場合は、現地の感染症情報などに注意(写真はイメージ)
海外に出掛ける場合は、現地の感染症情報などに注意(写真はイメージ)【拡大】

 海外旅行傷害保険のうち治療費用の補償は、海外で病気やケガをして、医師の治療を受けた場合にしか保険金が支払われないと思っている人が多い。だが、国内で治療を受けた場合でも、要件を満たしていれば、保険金支払いの対象となる。

 海外旅行傷害保険の補償対象となる期間は、出発前に保険を契約していれば、海外旅行のために自宅を出発してから帰宅するまで。このため、空港へ行く途中で転んでケガをし、空港の診療所で治療を受けたというようなケースでも、保険金が支払われる。

 補償対象である期間に発病したり病気の原因があった場合や、ケガなどをした際に、海外では医師の治療を受けず、帰宅後に初めて医師の治療を受けたというような場合でも、要件を満たせば、補償対象となる。

 ケガ(傷害)の場合は、事故の日から180日以内の治療費用が補償対象となっている。

 病気の場合は、自宅を出発してから帰宅するまでの間に医師の治療を開始した場合、開始した日から180日以内の治療費用が補償の対象となる。帰宅後に初めて治療を受ける場合は、帰宅後72時間以内に医師の治療を受ければ、その日から180日以内の治療費用に対して、保険金が支払われる。

 クレジットカードに付いている海外旅行傷害保険の場合、カードによっては、48時間以内に医師の治療を開始しないと、国内の治療費用が補償対象とならないものもあるので、出発前に、自分が持っているクレジットカードはどうなのか、調べておこう。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。