【週間ランキング4月30日〜5月6日】投開票間近!韓国大統領選結果がどう転んでも半島情勢“混迷”変わらず…に注目集まる

2017.05.08

4月23日のテレビ討論会に臨む(左から)安氏、洪氏、文氏。いずれもスネに傷を持つ(共同)
4月23日のテレビ討論会に臨む(左から)安氏、洪氏、文氏。いずれもスネに傷を持つ(共同)【拡大】

 先週のトップは「韓国大統領選結果がどう転んでも朝鮮半島情勢の混迷変わらず」でした。韓国大統領選の投開票が9日に迫る中、お隣の北朝鮮・金正恩労働党委員長は檄を飛ばし続けています。世論調査では、「親北・反日」で知られる革新系野党「共に民主党」の文在寅前代表が圧倒的支持率を集めており、朝鮮半島の行方が気になるところです。3位は「北ミサイル空中爆発のワケ 新型『KN17』か…軍事アナリストが政治的圧力示唆『あきらかに妙』」でした。北朝鮮のニュースは、10位でもランクイン。4月29日の弾道ミサイル発射失敗後、北の動向に再び注目が集まっています。

 1位 韓国大統領選結果がどう転んでも朝鮮半島情勢の混迷変わらず

 2位 タモリも激怒!森脇健児が芸能界を干された真相をぶちまける!

 3位 北ミサイル空中爆発のワケ 新型「KN17」か…軍事アナリストが政治的圧力示唆「あきらかに妙」

 4位 小池塾の左傾化警戒 塾生からは不満の声、都議選「“偽装保守”議員出るのでは」

 5位 懲りない民進大丈夫?籠池氏と奇妙なタッグ ターゲットは安倍昭恵夫人

 6位 いまテレビがエロい!全裸温泉にAV女優がキス迫る 地上波もBSも…ギリギリが人気

 7位 他人のせいにする韓国 反転できる要素見当たらぬと大前研一氏

 8位 韓国、また国際条約違反か 釜山・光州にも徴用工像…市民団体計画 日本で再び浮上しかねない強硬論

 9位 安枝瞳が“ラストヒップ”披露! 写真集は「100点満点です」

 10位 北完全包囲!海自最強「いずも」出撃、日米英仏の海軍結集 強引な海洋進出続ける中国けん制の狙いも

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。