「任侠団体山口組」結成1週間、6代目山口組にも異変 直系から組員離脱「京滋連合」誕生 (2/2ページ)

2017.05.09

新組織「京滋連合」の結成式が行われた組事務所。6代目山口組を離脱し、任侠団体山口組に合流するという=7日午後、京都府向日市
新組織「京滋連合」の結成式が行われた組事務所。6代目山口組を離脱し、任侠団体山口組に合流するという=7日午後、京都府向日市【拡大】

  • <p>任侠団体山口組の織田代表</p>

 新組織は4月30日に結成式を行い、記者会見を開いて神戸山口組の上層部を痛烈に批判したが、その直前にも暴行事件が起きていた。

 兵庫県警は6日、暴行容疑で元山健組組員、牟田秀夫(51)と、山健組系組長、與(あたえ)則和(63)の両容疑者を逮捕した。牟田容疑者は新組織の組員と名乗っているという。

 両容疑者は4月30日午前0時50分ごろ、神戸市中央区筒井町の路上で互いに顔を殴ったり胸ぐらをつかんだりするなどしたとしている。居合わせた飲食店で離脱をめぐって口論となり、暴行事件に発展したとみている。

 神戸山口組と対立抗争状態にある6代目山口組にも異変が起きた。捜査関係者によると、ナンバー4の総本部長のポストにあった大原宏延・大原組組長(71)が6日未明に病死した。

 さらに7日には直系組織・淡海(おうみ)一家(大津市)から組員が離脱し、京都府向日市の関連施設で新組織・京滋(けいじ)連合の結成式を開催。任侠団体山口組の池田幸治本部長らが出席しており、同組織に合流したとみられる。

 「大原組長は体調を崩しており、昨年10月には山口組の総務部門を担う本部長のポストを若頭補佐だった森尾卯太男・大同会会長に譲っていた。京滋連合の結成は6代目山口組から任侠団体山口組への初めての合流とみられるため、今後の動向を注視していく」(捜査関係者)

 8日午後には神戸山口組、9日午後には6代目山口組がそれぞれ5月の定例会を開催するとみられ、兵庫県警などの警察当局は情報収集と警戒に全力を挙げている。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。