【肉道場入門!】バーベキューでの食中毒撃退術!気をつけるべきは「分離」 (1/2ページ)

2017.05.16

正しい衛生管理でバーベキューを楽しもう!
正しい衛生管理でバーベキューを楽しもう!【拡大】

 ゴールデンウイークが明け、いよいよバーベキューシーズンが本格的に到来する。それに従い、これからの季節は、O−157やカンピロバクターといった菌に由来するアウトドアでの食中毒が増えてくる時期でもある。

 だが、多くの食中毒は少し気をつけるだけで、防ぐことができる。たいていの食中毒事故は予防の原理原則を知らずに起きてしまっている。

 厚生労働省は食中毒予防の3原則として「(食中毒菌を)『つけない』『増やさない』『やっつける』」としている。

 ではそのために何をすべきか。やるべきことも3つ。「分離」「冷蔵」「加熱」である。食材や調理用具を扱うときに、この3項目を徹底すれば、まず食中毒になることは考えにくい。

 まず気をつけるべきは「分離」だ。シーンとしては保存から調理まで。対象は容器、調理用具(包丁、まな板など)、そして自分の手先など食材が触れるものすべてを分離させておく。

 とりわけ生肉の扱いは気をつけたい。アウトドアでは、「肉専用」の器具は徹底的に分離する。生の肉に触れた包丁やトング、菜ばし、まな板などで他の食材を触ってはならない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。