NHK『眞子さまご婚約へ』スクープで宮内庁てんやわんや 山本長官「不本意」

2017.05.18

秋篠宮家の長女眞子さまの婚約内定のニュースを報じる街頭テレビ=16日夜、東京・有楽町
秋篠宮家の長女眞子さまの婚約内定のニュースを報じる街頭テレビ=16日夜、東京・有楽町【拡大】

 「眞子さまご婚約へ」という大スクープを放ったのはNHKだった。16日午後7時前にテロップで第一報を流し、その後の「ニュース7」では宮内庁担当の記者がスタジオに登場して解説した。NHKは昨年、天皇陛下が生前退位の意向を示されているという特ダネを報じて新聞協会賞に輝いている。夜の「NHK砲」に宮内庁関係者らはてんやわんやになった。

 NHKの報道を受け、宮内庁の山本信一郎長官は急きょ、午後8時半から約30分間にわたり、記者の取材に対応。山本長官は「皇族方の気持ちに密接に関わることについて、発表を待たずに報道がなされたことは不本意であり、残念だ」と硬い表情を浮かべたが、眞子さまがご婚約に向けた準備を進められていることは認めた。

 ニュース7には、NHK社会部で宮内庁キャップを務める橋口和人記者(51)がスタジオに登場し、2人のデートスポットのほか、小室さんの人柄についても解説した。橋口記者は「私は今月になって、2度小室さんと会ったんですけれども、非常にしっかりとした受け答えをする人で、知的で温厚な好青年という印象を持ちました」と語った。

 天皇陛下が生前退位の意向を示されているというスクープが報じられた際にも橋口記者が登場し、皇室に強い敏腕記者として知られる。

 17日に都内で開かれた小室さんの記者会見では、「申し訳ございません」という言葉が連発され、眞子さまとの交際の詳細などについては不明のまま。それだけに2度にわたって小室さんに会ったという敏腕記者の「NHK砲」が再び火を噴くのか。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。