東大・京大+医学部現役合格の割合が高い全国ランク トップは奈良、60人に1人が最難関突破 (1/2ページ)

2017.05.19

 大学受験の最難関・東大、京大、国公立大医学部(東大、京大除く)の現役合格者は、どうなっているのか。今週は、最難関・合計の高校卒業者数に占める割合の高い都道府県別ランクを紹介したい。卒業者数1000人当たりの合格者数の順位だ。

 トップは、奈良だった。奈良の高校卒業生のおよそ60人に1人が最難関大学・学部に合格したことになる。2位以下は、京都、東京、兵庫、愛媛と続く。

 奈良の内訳は東大が47人、京大102人、医学部55人の計204人。上位の都府県で合格者が多かったのが私立の中高一貫校で、奈良は東大寺学園だった。東大20人、京大39人、医学部21人の計80人。県内全合格者の4割近くを占めた。

 京都のトップは洛南で、東大15人、京大48人、医学部28人の計91人。中学入試に詳しい専門家は「やはり6年一貫教育が最難関大、最難関学部合格に最適ということでしょう。公立一貫校も、全国に設置され始めているのを見てもわかります」という。

 3位以下も、東京は開成、兵庫は灘、愛媛は愛光と中高一貫校がトップだった。

 逆に低い方は、栃木が1・8人で最下位、次いで岩手、宮城、埼玉が揃って2・1人。栃木、岩手、埼玉には、国公立大医学部が設置されていないことも影響していると見られる。

 東大と京大合格者数より、医学部合格者数の多い県も少なくない。東北、四国、九州地方では全県が該当し、全国で28道県だった。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。