反日連携で墓穴を掘る中韓 不透明さ増す経済“回復しがたい禍根” (1/2ページ)

2013.06.28


日本外しで急接近の中国・習近平国家主席と韓国の朴槿恵大統領だが、経済的には墓穴(ロイター)【拡大】

 国賓として中国を訪問している韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は27日、北京で習近平国家主席と会談。日本を牽制(けんせい)する姿勢を強める一方、71人の韓国財界人を引き連れて、経済面での蜜月ぶりもアピールした。ただ、中韓経済にとって“日本外し”のリスクは大きく、墓穴を掘ることにもなりかねない。

 韓国の歴代大統領としては初めて、日本より先に中国を訪問した朴大統領を習主席は歓迎。会談後の共同声明で両首脳は「最近、歴史問題などにより(北東アジアの)国家間の対立と不信が出現し、状況はさらに悪化している。これに対し、憂慮を表明する」と主張、名指しこそしなかったが、日本を非難した。

 両国間の貿易総額を2015年までに、12年比1・4倍の3000億ドル(約29兆5000億円)に引き上げる目標を掲げたほか、中韓のFTA(自由貿易協定)交渉を加速することなども話し合うなど、対日シフトの構えがうかがえる。

 中国は「影の銀行(シャドー・バンキング)」問題などで金融不安が広がり、海外の投資家が資金を引き揚げる動きを強めている。また、水増し輸出の裏で流入していた投機マネーも絞られているため、サムスン電子などの韓国企業を進出させて投資を呼び込みたいところだ。韓国としても、日本と競合する輸出産業が多いため、対中貿易で優位に立つことが生命線となる。

 朴大統領の訪中と歩調を合わせるように、26日には、韓国の世論調査で、「日本より中国との関係の方が重要」との回答が8割超だったと報じられた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。