訪中でわかった韓国・朴大統領の「歴史感覚」 日本はうんざり!深まるミゾ (1/2ページ)

2013.07.06


6月27日、北京の人民大会堂で、歓迎式典に臨む韓国の朴槿恵大統領(左)と中国の習近平国家主席(共同)【拡大】

 韓国の朴槿恵大統領の訪中は大成功、中韓は「政熱経熱」の時代に入った。朴氏は清潔感を漂わせ、強い政治信条を印象付けて“アジア版のサッチャー”のイメージで注目された。一方で朴氏は中国でも日本の歴史観を批判して「域内の対立の原因」と鋭く牽制(けんせい)。そのうえで伊藤博文を殺害した安重根を“中韓が尊敬する歴史的な人物”として事件現場のハルビン駅に「記念碑を建立したい」と習近平氏に協力を求めた。朴氏の「歴史観」は限りなく後ろ向きで、日本国民をうんざりさせている。(久保田るり子)

米国に次いで今度は中国でも日本非難、その真意は?

 朴槿恵政権が日本との歴史問題で最も重視するのは慰安婦問題だ。韓国政府は憲法裁判所が下した「韓国政府が慰安婦問題について何も努力しないのは憲法違反」(2011年夏)との判決に縛られているからである。

 朴氏はこの問題にどう取り組むかの行動力、女性大統領としての“倫理”が問われ、さらに日韓和解を決断した父、朴正煕元大統領の娘としての“責任”も試されているというわけだ。

 なにしろ韓国の左派や進歩陣営の反日勢力は、「旧日本人軍人だった朴正煕がクーデターで政権を取ったから(日韓基本条約で)慰安婦問題は処理されなかったのだ!」「(朴正煕は)旧日本軍人だったから靖国神社参拝問題にも甘かったのだろう」などと朴氏を攻撃してくる。従って朴氏が「過去離れ」「歴史離れ」を選択するには高いハードルがそろっているのは日本政府も承知しているだろう。

 今回、朴氏は米中首脳会談という大舞台からの「日本の歴史問題」発信という新手を繰り出した。米国では「日本は過去に向き合い、正しい歴史認識を持つべきだ」と述べ、中国では「最近の歴史などによる問題で域内国家間の対立と不信が高まっている」として、“日本の歴史観”こそが域内の不安定要素なのであると、域内問題にまで一般化して、厳しい表情で日本批判を行った。

 実は韓国が大舞台で日本を批判するのは珍しくない。かつて金泳三大統領(当時)は中国の江沢民国家主席(同)との中韓首脳会談で、竹島問題について「日本のポルジャンモリ(ばかたれ)をしつけ直してやる」などと発言している。

 韓国の政治リーダーがソウルから韓国語で日本に発言してもその声は小さい。だが、大国の舞台から日本批判をすれば大声になる。二国間問題をドンドン大振りに仕立てて相手国を牽制するーこれも外交手法であろうが、いま大半の日本人は「朴さん、またですか…」とげんなりである。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!