【韓国の真実】自国の「悪」には目をつぶる韓国紙 日常化した“日本人ヘイト” (1/2ページ)

2013.07.09

★(12)

 人間誰でも自分には甘く、他人には厳しいものだと思う。韓国人も例外ではない。

 しかし、集団としての韓国人となると、自分の国での「悪」が見えなくなるようだ。他国の「悪」に対しては、冷厳に批評する。そして日本に「小悪」でも見つけようものなら、瞬間湯沸かし器のように反応する。

 ▽2012年7月、ソウルの日本大使館の門に、男が1トン積みトラックで突撃する事件があった。

 ▽12年8月、ソウルの日本大使館に、男が人糞入りのペットボトルを投げ込もうとした事件があった(実際には中まで届かなかった)

 そして、12年9月、エジプトとリビアで、米国大使館と領事館が武装勢力に攻撃され、駐リビア米国大使が死亡する事件があった。

 すると、韓国紙「中央日報」は、こんな社説を掲載した。

 「外交官と公館に対する明らかなテロだ。いかなる名分でも正当化できない反文明的な行動に違いない。米国だけでなく国際社会に対する重大な挑発だ」

 「リビアとエジプト当局は犯人を速かに逮捕して処罰し、外交官と外交公館がウィーン条約に基づいて保護されるよう措置を取る必要がある」

 まさに立派な正論だ。

 しかし、中央日報の本社から、車なら5分とかからぬ所にある日本大使館前で起きた事件は、負傷者こそ出なかったが、「外交官と公館に対する明らかなテロ」ではないのか。

 毎週水曜日、日本大使館前で繰り広げられる「慰安婦」支援のデモを容認している韓国政府の姿勢は「ウィーン条約」に違反していないのか。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!