安重根の記念碑設置に韓国躍起 中国が消極的な3つの理由 反日で共闘なら… (1/3ページ)

2013.07.20

 伊藤博文元首相を暗殺した朝鮮半島出身の抗日運動家、安重根について、韓国の朴槿恵大統領が6月末の中韓首脳会談で、中国黒竜江省ハルビンの駅に記念碑を設置するため習近平中国国家主席に協力を要請した。暗殺現場に記念碑を設け、民族の英雄を顕彰することは韓国側の長年の悲願とされる。朴大統領の要請を受けた中国側の反応を探るため、現地を訪れた。(黒竜江省ハルビン 矢板明夫、写真も)

 ■韓国企業が寄付

 ハルビン駅から西へ約1キロ離れた繁華街の交差点に「朝鮮民族芸術館」という7階建てのビルがある。黒竜江省に居住する約50万人の朝鮮族のため、言語、文化、芸術を継承し普及する公益施設だ。ビルの2階が「安重根義士記念館」になっている。

 玄関を入ると大きな安重根の像があり、その脇に中国語とハングル語で「安重根義士についての知識講座開催中」と張り紙されていた。毎週末に開かれているという。

 館内には安重根の写真、揮毫など100点以上の資料が陳列されており、伊藤博文を暗殺したときの様子を再現した模型もある。

 展示物や放映されているビデオは安重根の偉大さを全面的にたたえる一方、日本の凶暴さや残忍さも強調している。伊藤博文は「日本で天皇の次に影響力を持つ政治家」「日清、日露戦争を起こした戦争狂人」などと紹介されていた。

 ボランティアでガイドを務める朝鮮族の大学生の男性(19)は安重根に心酔しており、「一人でも多くの人に朝鮮民族の英雄、安義士のことを知ってもらいたい」と、週に3回来ているという。

 ハルビンの朝鮮族団体関係者によると、中国と国交を樹立した1990年代前半から、韓国はハルビン市内で安重根記念館の設立を中国側に要請していたが、なかなか同意を得られなかった。粘り強く陳情を続けた結果、2006年7月に朝鮮民族芸術館内でという条件で、ようやく許可が下りたという。

 記念館は韓国政府とサムスン、アシアナ航空など複数の韓国企業の寄付によって作られた。訪れるのはほとんど韓国からの観光客だという。「韓国人は8割、朝鮮族と日本人は1割ずつという感じで、漢族の中国人は安重根に全く興味を持ってくれない」。記念館のスタッフが嘆いた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!