中国軍に「制御不能」の懸念 8月15日控え突発的衝突の可能性も (1/3ページ)

2013.07.26


沖ノ鳥島沖で洋上補給する中国艦艇(左)と補給艦(防衛省統合幕僚監部提供)。反日攻勢は、習近平国家主席の立場の弱さを示しているのか【拡大】

 中国の軍事的挑発がエスカレートしている。沖縄県・尖閣諸島周辺海域への中国公船の侵入だけでなく、中国軍機が南西諸島を通過して太平洋まで初飛行したうえ、中国海軍のミサイル駆逐艦など5隻が、7・21参院選を挟むように日本列島を1周したのだ。中国経済の失速が指摘されるなか、習近平国家主席は「反日世論」に火をつけて、国民の不満をそらすつもりなのか。それとも、中国人民解放軍の一部が暴走しているのか。

 「今までにない特異な行動で、今後を注視していきたい」

 安倍晋三首相は25日、中国軍のY8早期警戒機1機が前日、沖縄本島と宮古島の間にある公海上空を通過し、東シナ海から太平洋を往復飛行したことについて、こう語った。

 中国の対米防衛ラインである第1列島線(九州−沖縄−台湾)を中国軍機が越えて飛行したのは初めて。小野寺五典防衛相は「ますます中国が海洋進出していく1つの方向ではないか」と警戒感をあらわにした。

 さらに、防衛省統合幕僚監部は25日、中国海軍のミサイル駆逐艦やフリゲート艦など艦艇5隻が同日午後7時ごろ、沖縄本島と宮古島の間の海域を通過したのを確認したと発表した。5隻は今月3日に対馬海峡を北上、14日には北海道の宗谷海峡を通過した艦艇。中国艦として初めて日本列島を1周した。

 尖閣周辺の接続水域でも、22日に発足した中国海警局所属の船4隻が、24、25日と2日続けて航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。同局所属の公船は武装しているとされる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。