【要警戒 韓国の軍事力】日本の自衛隊を凌駕 ケタ違いの兵力を誇る隣国 (1/2ページ)

2013.10.08

★(1)

 官民ともに「反日一色」の韓国が、極東アジアの平和と安定に欠かせない自由主義陣営の結束を乱す要因となっている。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領が今年2月に就任した際、韓国の未来志向に、日本は「今度こそは」と期待を寄せた。しかし、現実はまったく逆だった。朴大統領はオバマ米大統領に日本の歴史認識を愚痴り、中国と連帯して対日非難の声明を出す始末だ。

 極東アジアの平和と安全は、日本と米国、韓国、台湾という自由と民主主義という価値観を共有する勢力が連携して、中国や北朝鮮という全体主義勢力と対峙することで成り立つ。韓国が「反日」を理由に自由主義陣営から離脱しつつある現状は、極東アジアの危機といっても過言ではない。

 今回の連載では、そんな韓国の軍事力を分析していく。

 韓国の軍事力は、なりふり構わず軍拡を続ける中国や、核開発に執念を燃やす北朝鮮の陰に隠れて、ほとんど報じられなかった。だが、日本の自衛隊を凌駕するまでに成長している。

 韓国は1950年以降、休戦中とはいえ北朝鮮と戦争状態にあり、陸軍を中心に総兵力約66万人(自衛隊の約3倍)の戦力を保持してきた。現在は、陸軍兵力約52万人(陸自約14万人)、戦車約2400両(陸自約740両)をはじめ、海兵隊約2・7万人、海軍艦艇約193隻(海自141隻)、空軍の作戦機約600機(空自主要機445機)を擁する。

 しかも、予備役は450万人。自衛隊の予備兵力は3・7万人だから、ケタ違いの兵力がよく分かる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。