【要警戒 韓国の軍事力】装備は有数でも練度に難アリの韓国陸軍 過度な民族教育の弊害も… (1/2ページ)

2013.10.09

★(2)

 韓国は、陸軍52万人(22個師団)と、海兵隊2・7万人(2個師団)、合わせて54・7万人の陸上兵力を抱えている。陸上自衛官は現員約13・6万人で、韓国軍の兵力は約4倍である。

 現在、韓国ではこの大兵力を支える徴兵制を廃止して志願兵制に移行する議論もあるが、これには否定的な見方が多い。

 朝鮮日報(2010年7月5日)によると、兵力を維持して志願兵制に移行すると、年間6兆ウォン(約5400億円)以上の追加人件費が必要になり、国防費を25%増額しなければならない。徴兵期間中の給与は小遣い程度というから、安上がりなのである。

 韓国軍は現在、100万人の兵力と3500両の戦車を持つ北朝鮮軍との数的劣勢を埋めるため、「陸上兵器の近代化」を進めている。代表例が戦車で、旧式の米国製「M48」「M47」から、初の国産戦車「K1」への交代が進められている。

 K1の設計・開発は、米陸軍主力戦車M1を開発した米ジェネラル・ダイナミクス社が担当しており、純粋な国産とは言い難い。とはいえ、公表データをみる限り、K1の性能は、北朝鮮軍のすべての戦車よりも優れ、両軍が激突すれば、K1は北朝鮮軍の戦車をことごとく粉砕するだろう。

 後継のK2の開発も進められている。K2は、陸上自衛隊の最新戦車「10(ひとまる)式戦車」と同じく自動装填(そうてん)装置を装備する。ところが、開発段階で搭載していた外国製エンジンの国産化に失敗し、量産がストップする事態に見舞われている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!