【要警戒 韓国の軍事力】根深い墜落事故頻発の背景 日本を意識して最新鋭戦闘機を配備する韓国  (1/2ページ)

2013.10.11

★(4)

 韓国空軍はその主要機として、最新鋭戦闘機F15K(60機)をはじめ、F16/KF16戦闘機(164機)、F4E戦闘機(70機)、旧式のF5E戦闘機、近年導入した早期警戒管制機E737など、作戦機約600機を保有する。

 中でも注目すべきはF15K「スラム・イーグル」だ。防空戦闘能力に加え、対地攻撃能力も持つこの戦闘爆撃機は、航空自衛隊が保有するF15Jを上回る性能を持っているが、韓国が対峙する北朝鮮には、F15Kで対抗しなければならない戦闘機は存在しない。

 となれば、韓国空軍のF15K導入は、北東アジアで圧倒的航空戦力を誇る日本を意識したものと考えざるを得ない。実際、韓国空軍にF15Kが配備されるや、当時の参謀総長が自ら乗り込んで竹島上空を示威飛行した(2006年1月)。これは韓国空軍の“本音”を物語っている。

 韓国空軍は17年から4機の空中給油機を導入する予定だ。朝鮮日報(13年8月12日)は「空中給油機導入によって独島(竹島の韓国名)上空でF15Kなら約90分(これまでは約30分)戦える」と報じた。軍近代化が日本を意識したものであることを隠そうともしない。

 さらに、韓国空軍は、高性能空対空ミサイルや対地攻撃用誘導弾を保有している。レーダー追尾の中距離空対空ミサイルAMRAAMや、長射程の空対地ミサイルSALM−ERも保有し、韓国空軍の対地攻撃能力は航空自衛隊をはるかに上回っている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。