【新・悪韓論】後で泣くのは朴大統領 竹島上陸で露呈した韓国海軍の“外華内貧”  (2/2ページ)

2013.10.31

 そういえば、この訓練の直前にも、駆逐艦がやはり発電機の故障でブラックアウトに陥り、あやうく黄海の停戦ラインを越えるところだった。

 主力潜水艦3隻のうち、1隻はもう3年も「修理中」。残り2隻も、セールと甲板を固定するボルトの強度が足りないため、安心して潜れないらしい。

 やはり、この訓練の直前、海軍が実施した新型国産機雷の実験では、6個中1個しか爆発しないというお粗末な結果だった。韓国海軍の装備・兵器の《外華内貧》、ここに極まり。海軍としては「もう上陸敢行しかない」という状況に追い込まれていたのかもしれない。

 装備・兵器の《外華内貧》は海軍に限らないが、水すら出ない岩礁のために、なぜ韓国はここまでエネルギーを使っているのだろうか。米国が「君の本当の敵は北の方角にいるのだよ」と何度も教えているのに、全然理解できないらしい。

 かつて、李承晩(イ・スンマン)大統領は“盗品”を守るため、海軍力を南に向けたところを、北から攻め込まれた。

 「歴史を忘れた政権・軍部に未来はない」という横断幕が必要かな。

 PK(朴槿恵=パク・クネ=大統領)が、海軍の竹島上陸にOKを出していたかどうかは知らない。PKはいずれ、PK(ペナルティー・コリア)の痛みに、号泣することになるだろう。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!