異例づくめだった北朝鮮の張成沢氏粛清 識者はミサイル発射を強く懸念 (1/3ページ)

2013.12.13


13日付の北の機関紙「労働新聞」で、張成沢氏(右から2人目)の処刑直前とされる写真が掲載された。恐怖渦巻く金正恩体制に何が起こっているのか(ロイター)【拡大】

 北朝鮮が異常事態に突入した。金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の叔父で、失脚が伝えられていた張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長が12日、電撃的に死刑執行されたのだ。ロイヤルファミリーの一員をも粛清する恐怖政治で、正恩氏の独裁権力が強化されるだけでなく、それを後押しする朝鮮人民軍の力が突出するとみられる。今後、核実験やミサイル発射などで、日本を含む周辺諸国に対し、実力を誇示する危険も出てきた。

 朝鮮中央通信は13日朝、北朝鮮の治安機関、国家安全保衛部が12日、張氏に対する特別軍事裁判を開き、「国家転覆の陰謀行為」を理由に死刑判決を下し、刑は即時執行されたと報じた。

 北朝鮮が、軍事裁判実施や刑執行を公にするのは極めて異例。

 韓国情報機関、国家情報院から報告を受けた与党議員は13日、「機関銃で射殺されたと推定される」と述べた。

 張氏への判決文には、「将軍様(金正日=キム・ジョンイル=総書記)が亡くなると、張は政権への野心を実現するため策動した」「審理で『不満を(人々に)抱かせようと試みた』などとクーデターの企てを白状した」「平壌の都市開発を妨害し、地下資源の不適当な売却を強行するなど『売国行為』を行った」「正恩氏への権力継承が決まった2010年9月の党代表者会で、張がいいかげんに拍手をし、傲慢(ごうまん)不遜に行動した」などとあった。

 朝鮮労働党の機関紙、労働新聞は13日、手錠をかけられた張氏が制服姿の軍人に引き立てられてうなだれる裁判の写真を掲載した。同紙は「犬にも劣る醜悪な人間のクズ」とすさまじい罵詈雑言を浴びせている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。