【謀略大陸中国】動物園から売春まで根強い“お家芸”「羊頭狗肉」の伝統 「ライオン」の檻中にいたのは犬 (1/2ページ)

2013.12.22

★(4)

 河南省のある動物園が今年8月、犬をアフリカライオンと偽って展示していたことが話題となった。犬がほえたことで発覚したが、「オオカミ」と書かれたおりに犬が、「ヒョウ」のおりにはキツネが展示されていたことが分かり、入園者による返金騒動に発展した。

 コントのような話だが、欲にまみれた謀略が渦巻く中国では、まさかというようなだましの手口が次々と生み出され、一般市民をカモにしている。

 食品をめぐっては今年、火鍋用の羊肉と偽り、ネズミやキツネの肉を販売していた偽装食肉組織が検挙されたが、江蘇省南京市のある料理店は、麻薬成分を利用して「病みつきになる味」を偽装していた。この店は、アヘンの原料にもなるケシを火鍋に混入して客に提供していたとして4月に摘発されたのだ。

 店主の男は「リピーター獲得のためにやった」と供述。地元では有名な人気店だったというが、常連客の多くはケシによる依存症に陥っていた可能性がある。

 さらに大胆な偽装の例としては、全国各地の幹線道路や観光地に出現中のニセ料金所がある。これは、近隣住民が勝手に設置したもので、正規の料金所と同じように通過する者から通行料や入園料などを徴収するのである。

 一方、広州市郊外で飲食店を営む日本人男性のもとには、ニセ税務署職員から以下のような電話がかかってきた。

 「あなたは過去5年間、税金を過少申告していますね。未払い分を今日中に指定口座に振り込まなければ、追徴課税が発生することになります」

 これは今、中国で流行している振り込め詐欺の手口である。脱税が日常茶飯事に行われている中国では、意外とあっさりだまされる人がいるのだという。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!