韓国また“告げ口外交” 米韓外相会談で日本批判…米は相手にせず

2014.01.08

 韓国の“告げ口外交”がまた炸裂した。尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が7日、ワシントンで行われたケリー米国務長官との会談後の共同記者会見で、安倍晋三首相の靖国神社参拝を念頭に、日本批判を披露したのだ。米国側は対日批判の抑制を求めるサインを韓国側に送っていたが、通じなかったようだ。

 「歴史問題が地域の和解と協力を妨げている。誠実な行動が必要だ」

 尹氏は会見で、名指しこそしなかったが、安倍首相の靖国参拝を念頭に日本を批判した。

 米政府は昨年末の参拝について「失望した」との談話を発表しており、「韓国政府としては米国を動かす『名分』を手にした」(聯合ニュース)というわけだ。韓国政府内でも「米国で今ほど日本に対する批判の機運が強まったことはない」(ワシントン外交筋)というはしゃぎっぷりで、尹氏の訪米を絶好の機会と捉えていた。

 とはいえ、日本を名指ししない発言について、ジャーナリストの室谷克実氏は「反日の火をつけて回ると意気込んでいたわりには抑制されている。会談でケリー氏から対日批判をいさめられたのでは」とみる。

 会談後の会見でも、米政府は韓国側の意向に沿った対応をしなかった。靖国問題に質問が集中することを見越し、質問を受け付けないという異例の措置を決断した。

 ケリー氏自身も、会見で歴史問題に言及せず、「今年が(アジア地域の)すべての隣国にとってより安定し、平和になるように期待する」と発言した。この内容は北朝鮮問題に言及したとも取れるが、前出の室谷氏は「韓国メディアは拡大解釈して、ケリー氏が日本批判を行ったと言い出しかねない」と解説した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。