反日・朴大統領は“裸の女王” 韓国世論が外交に「NO」 (1/2ページ)

2014.01.11

 「反日」路線をひた走る朴槿恵(パク・クネ)大統領に対し、韓国世論が「NO」を突きつけた。昨年末にシンクタンクが行った世論調査で、半数以上が日本との関係改善を求めており、安倍晋三首相との首脳会談についても「開くべき」と答えた人が「反対」を上回ったのだ。かたくなに首脳会談を拒み続ける朴氏は“裸の女王様”になりつつある。

 世論調査は、峨山政策研究院世論研究センターが昨年12月29〜31日に実施した。安倍首相が26日に靖国神社に参拝した直後に行われたもので、対日関係に関する厳しい結果が予想された。

 ところが、ふたを開けてみると、結果は予想と正反対だった。

 「日本との関係改善のために大統領が積極的に動くべきだ」と答えた人は57・8%に上ったのに対し、「必要ない」との回答は33・8%。日韓首脳会談の開催については「賛成」(49・5%)が「反対」(40・7%)を10ポイント近く上回ったのだ。

 同調査を取り上げた韓国紙『中央日報』は今月9日付社説で「対日外交のやり方も、より緩やかになるべきだ」と求めたが、もはや国民の声は朴氏に届かないようだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。