根拠なき「慰安婦50万人」主張 中韓連合に在米日本人らが決起 (1/3ページ)

2014.01.25


ワシントン国立公文書館に保管されている慰安婦関連の報告書。「慰安婦=性奴隷」説を完全否定している【拡大】

 全米各地で慰安婦の像や碑が設置されているが、最近、韓国系団体に加えて、中国系団体が前面に出てくるケースが増えているという。日系人や在留邦人らは危機感を強め、反対運動に立ち上がった。国際政治学者の藤井厳喜氏は1月上旬、米カリフォルニア州を訪れ、慰安婦問題の真実を講演するとともに、歴史をねじ曲げ、日本を貶(おとし)めている卑劣な中韓連合の実態を調査してきた。

 まさに、待ったなし緊急事態である。

 韓国系団体はこれまで、慰安婦の強制連行数(=日本の軍・官憲が組織的に強制連行した資料・証拠はない)を「朝鮮女性を中心に20万人」と主張してきたが、世界的に反日運動を展開する中国系の「世界抗日戦争史実維護連合会」(抗日連合会)は、何と「慰安婦は計50万人、中国人が25万人、朝鮮・韓国人が25万人」と主張し始めていたのだ。

 まったく根拠のない捏造(ねつぞう)数字であり、「慰安婦=性奴隷」説自体も事実無根だが、私(藤井)は1月上旬、カリフォルニア州を訪れて、こんなとんでもない大ウソが大手を振ってまかり通り始めている米国の現実に空恐ろしくなった。

 卑劣極まる中韓連合については後述するとして、現地の日系人や在留邦人の危機感は強かった。

 私の「慰安婦問題の真実」を伝える講演会は昨年9月に続き2回目で、今回はロサンゼルス市の台湾センターと、サンノゼ市の日系人シニアセンターで行った。それぞれ、「L.A・日本をよみがえらせる会」と、「日本を思う在米日本人の会」の主催で、約130人と約60人が集まってくれた。ロサンゼルス市では親日的な台湾人20人以上の参加もあった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!