朴槿恵大統領、父母への愛憎と先鋭化する「反日」外交 自伝を読み解く (1/3ページ)

2014.01.28


支持率下落で孤立を深める朴大統領(AP)【拡大】

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領(61)がピンチだ。国鉄民営化問題や国家情報院による大統領選介入問題、さらには経済無策が直撃し、支持率が急落。昨年末には退陣を要求する大規模な反政府デモも起きた。もはや「反日」外交にすがるしか道がない朴氏。半生をつづった自伝をひもとくと、その政治手法のルーツが見えてくる。独裁体制を敷いた父・朴正煕元大統領への愛憎と頑迷な性格。孤立を深める女性トップはどこで道を誤ったのか。

 青瓦台(韓国大統領府)に不穏な空気が漂っている。

 「朴槿恵政権退陣」

 今月5日、朴政権が進める国鉄民営化に反対する市民1500人がソウル広場に集まり、こう記したプラカードを掲げ、気炎を上げた。

 昨年末には、同じ会場で10万人規模のストライキ決起大会が行われ、約1万人のデモ隊が「政府糾弾大会を継続しよう」とシュプレヒコールを挙げ、警官隊と激突した。

 「朴氏をめぐっては、国家情報院が前回の大統領選に不正介入したとされる問題がくすぶっている。昨年末には、捜査に当たる検察が朴政権から圧力を受けた疑惑も浮上。大みそかに、この件に抗議して40歳の男性が焼身自殺をはかるなど日に日に政権批判が高まっている」(韓国のメディア関係者)

 大統領就任時に選挙公約として掲げた経済格差の是正も果たせず、民心が離れる朴政権。国内の不満をそらす狙いもあってか、「反日」外交を先鋭化させるが、そのヒステリックな反応に焦りの色がにじむ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。