【新・悪韓論】「奴隷扱いをやめろ」アフリカ人が韓国の与党セヌリ党幹部に怒りのデモ (1/2ページ)

2014.02.20


朴統領は与党議員の行状をどう受け止めるのか(AP)【拡大】

 政治部記者として、竹下登元首相(当時は自民党の筆頭副幹事長)を担当しているとき、面白い話を聞いた。

 「選挙を通ってくる国会議員とは、その国民をさまざまな角度から切った断面を、それぞれ代表する人物たちだ。従ってアホの代表もいれば、詐欺師の代表までいる」と。

 竹下氏の言葉を借りれば、韓国の与党であるセヌリ党の洪文鍾(ホン・ムンジョン)議員は「奴隷使いの代表」かもしれない。

 洪氏は、党の事務総長のポストにある。陣笠ではなく、幹部だ。

 今年1月21日の党内会議では「安重根義士がテロリストなら、日本はテロ国家だ」と述べた。『聯合ニュース』が「与党幹部が周辺国のことを『テロ国家』と表現するのは異例」とコメントした発言だった。

 その洪氏は2010年8月、京畿道(キョンギド)抱川(ポチョン)にあるアフリカ芸術博物館を買収して、その理事長になった。アフリカから来た舞踏家が踊りを見せ、やはりアフリカから来た彫刻師が実演するのが目玉らしい。

 ところが、今年2月10日、その舞踏家、彫刻師らがソウルのセヌリ党本部前で「洪文鍾は奴隷扱いをやめろ」のデモをしたのだ。

 2月11日の『ハンギョレ新聞』が詳細を伝えている。彼らの主張を要約すると以下の通りだ。

 ▽法定最低賃金は1カ月126万9154ウォン(約12万1500円)なのに、65万ウォン(約6万2000円)しかくれない。抗議すると「アフリカでは大金だろう」と言われた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。