【新・悪韓論】「奴隷扱いをやめろ」アフリカ人が韓国の与党セヌリ党幹部に怒りのデモ (2/2ページ)

2014.02.20


朴統領は与党議員の行状をどう受け止めるのか(AP)【拡大】

 ▽公演回数、実演時間は守られず、時間外手当もない。

 ▽1日の食事代は2500ウォン(約240円)から4000ウォン(約380円)に上がったが、足りない(ちなみに、京畿道の会社員の平均昼食代金は6212ウォン=約590円=『中央日報』13年3月22日)。抗議すると、コメを支給されたが、それは傷んでいた。

 ▽契約するときは「テレビとコンピューターが備わった立派な寮を提供する」と言われたが、実際に来てみると、宿舎の窓ガラスは割れていてネズミの巣だった。

 ▽抗議するたびに、管理者は「どうにもならない」「理事長は韓国で非常に重要な人物だ」と言った。

 ▽何人かが脱走すると、パスポートを取り上げられた。

 この主張通りなら、まさに奴隷の扱いだ。

 やはり今年2月、韓国では、心身障害者が離島の塩田労働者として売られ、5年間も奴隷扱いされていたことが明るみに出た。この件について朴槿恵大統領は「事実は小説より奇なり」と驚きを表明し「再発防止」を指示したそうだ。

 では、仲間がそろって映画鑑賞に出掛けられ、時に実家に大金を送金できた朝鮮人慰安婦が奴隷だったのか−。

 大統領は韓国の国内資料である『慰安所管理人の日記』にでも目を通し、小説(ファンタジー)ではなく、事実を知るべきだ。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。