【石平のChina Watch】黒社会に蝕まれている中国共産党 「劉漢事件」に見る深い闇 (1/2ページ)

2014.03.06


警察の摘発を受けた北京市内の高級クラブ。「黒社会」は中国の大きな社会問題となっている (共同)【拡大】

 先月20日、四川省出身の劉漢という人物が起訴されたことが中国で大ニュースとなった。注目される理由の一つは劉漢が四川有数の大物経営者であることだ。彼が董事局主席(取締会会長)を務めた四川漢龍集団という財閥は数十の企業を傘下に置き、金融・証券・不動産・鉱業などの領域に進出して成功を収め、総資産額が400億元(約6680億円相当)にも上った。

 地方財界の頂点に立つ劉漢は政治的にも日の当たる場所にいた。逮捕される前に彼は連続3期四川省政治協商会議の委員と常務委員に選出され、民間経営者ながら政権側のエリート層の一員ともなっていた。

 しかし彼の正体は実は正真正銘の黒社会のボス、ヤクザの親分であった。新華通信社が2月21日に配信した関連記事によると、1990年代半ばに賭博専門のゲームセンターの経営から身を立てた劉漢はヤクザ組織を一から作り上げ、商売の競争相手を次から次へと、殺していく手口で事業の拡大を図ってきたという。2009年までの十数年間、彼の組織は三十数件の刑事罪を犯し、9人の人々を殺した。そして13年3月に摘発される前には、劉漢の手先となる「地下武装組織」は自動小銃・拳銃・手榴弾(しゅりゅうだん)などで武装する戦闘部隊に「成長」した。劉漢はこの戦闘部隊を手足に使って、自らの商売敵をたたき潰し、公共事業プロジェクトの入札競合者を徹底的に恫喝(どうかつ)することによって地元のありとあらゆる「おいしい仕事」を独占できた。

 そこで吸い上げた潤沢な資金を持って、彼は、四川省の党・政府と公安の要所要所の幹部に賄賂を贈ってことごとく買収、共産党の地方政権そのものを自分の後ろ盾にした。だからこそ、彼の組織があれほどの凶悪な罪を犯しておきながらも、13年3月までには一度も司法から訴追されることがなかった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!