ウクライナは戦争段階に 基地襲撃で将校死亡 大規模衝突の可能性も (1/2ページ)

2014.03.19


モスクワの赤の広場でクリミア編入について演説するプーチン大統領=18日(ロイター)【拡大】

 プーチン大統領がロシア編入を宣言したウクライナ南部クリミア自治共和国が緊迫してきた。ロシア軍とみられる部隊がウクライナ軍基地を襲撃し、ウクライナ兵に死傷者が出たのだ。ロシア軍の展開後、死者が出たのは初めて。ウクライナは軍に武器使用を許可した。ヤツェニュク首相は「(事態が)政治的段階から戦争段階に移行した」と反発した。

 ウクライナ国防省によると、共和国の中心都市シンフェロポリで18日、ウクライナ軍基地が襲撃され、将校1人が死亡、少なくとも2人が重傷を負った。ロシアがクリミア編入を宣言したことで、同地域でのウクライナ軍施設接収の動きが始まった可能性がある。

 インタファクス通信によると、死亡した将校は胸を撃たれた。基地の司令部が占拠され、司令官が拘束されたという。クリミア南部ヤルタでもロシア軍とみられる部隊が同日、ウクライナ軍大佐を一時拉致した。

 親ロシア派の「自警団」にも死者が出たという報道もある。

 こうした動きに対し、ヤツェニュク首相は「銃撃を始めたのはロシア軍であり、戦争犯罪だ」と非難し、軍に自衛目的の武器使用を許可した。展開次第で、大規模な衝突も起こりかねない事態となった。

 プーチン大統領はこの日、クレムリンで演説し、「助けを求めるクリミアに応えないわけにはいかない」と語り、クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア編入を宣言した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。