韓国、自殺率が9年連続でワースト1 朴政権の無策で「経済苦」が加速 (1/3ページ)

2014.03.20

 韓国の社会不安が深刻だ。自殺率が異常なほどの高さで、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で9年連続ワーストという事態に直面している。経済苦から将来を悲観する高齢者や、本来、裕福であるはずの韓流スターら有名人も命を絶つケースが相次ぐ。背景には過剰な競争社会や社会保障制度の不備がある。打開策を見いだせない朴槿恵(パク・クネ)政権下の病める現状をノンフィクションライター・高月靖氏が斬る。

 恋愛バラエティー番組に出演した29歳の女性視聴者が、収録内容にショックを受けて自殺−。

 このショッキングな事件が起きたのは、今月5日。韓国の放送局SBSの人気番組「チャク(=パートナー)」でのことだ。

 チャクは、一般視聴者の男女を共同生活させて恋愛感情の行方を追う内容。フジテレビ系で放送中の「テラスハウス」の韓国版のような、お見合い式リアルバラエティー番組といったらわかりやすいかもしれない。

 自殺動機は、過剰に演出された内容が全国放送されることを悲観したことだという。確かに視聴率を狙って過激化するバラエティーの演出は、韓国でもしばしば非難されてきた。だが問題はそれだけに収まらない。

 女性の自殺から6日後の同月11日には、人気ドラマに出演した男性俳優(42)が首をつり、2日後にはプロゲーマーの男性(22)が、リーグ戦で八百長を強要されたことを苦に自殺した。

 1月には男性アイドルグループ「SUPER JUNIOR」のメンバーの父親が、介護ストレスから両親と3人で心中する事件が起きている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。