一見孤立も…プーチン大統領の一本勝ち? 効果薄いG7の制裁 (1/2ページ)

2014.03.25

 日米欧とカナダの先進7カ国(G7)は24日夕(日本時間25日未明)、オランダ・ハーグで緊急首脳会議を開き、ウクライナ南部クリミア半島を併合したロシアに対し、6月に同国ソチで開かれる主要国(G8)首脳会議をボイコットするなどの「ハーグ宣言」を採択した。一見、ロシアの孤立化を感じさせるが、プーチン大統領は大笑いしているとの見方もある。

 宣言では、ロシアの行動を「明確な国際法違反であり、世界中の法の支配に対する深刻な挑戦」と批判した。ロシアが状況を悪化させ続けた場合、ロシアの主要産業を対象にした制裁に協調して踏み出す用意があると警告。これが発動されれば、ロシア経済に深刻な影響が出ると指摘した。

 米政府高官は同日、記者団に対し、ロシアがウクライナ南東部に侵攻した場合は、この制裁の「明確な発動要因となる」と明言した。

 安倍晋三首相は首脳会議で「この事態は一地域だけではなく世界的な問題で、G7の連携が重要だ」と述べ、国際社会と協力して安定化を目指す考えを披露。ウクライナに1500億円規模の支援を行うと表明した。

 G7は、ボイコットするG8サミットと同時期、ベルギーのブリュッセルでG7首脳会議を改めて開き、ウクライナ情勢への対応などを協議するという。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。