【絶望の中韓】中国、大気汚染で肺がん死亡率は世界一 不況こそが公害を減らす? (1/2ページ)

★(2)

2014.03.26


深刻な大気汚染が続き、北京ではマスクが手放せない(共同)【拡大】

 中国環境保護省は、環境対策について、中央政府、地方政府ならびに企業など、中国全体で2017年までに1兆7000億元(約28兆6000億円)を支出すると発表した。

 同時に、主要74の都市で、微小粒子状物質「PM2・5」を定点観測した結果、基準を満たしたのが、わずか3都市だったことも明らかにした。

 中国の大気汚染は偏西風に乗って日本にも飛んでくるから、東京でもPM2・5が観測されるようになり、迷惑このうえない。抜本的に公害対策を実践してほしいものである。大気汚染は肺がんを引き起こすとされ、中国の肺がん死亡率は世界一である。

 環境汚染の原因としては、殺虫剤を混ぜたガソリンがまかり通り、石炭火力発電が全発電の72%を占め、その石炭にはウランが混入しており、河川の汚濁によって生態系が激変したことが挙げられる。

 工場が毒性の強い原材料を垂れ流すので地下水が汚染され、農作物ばかりか魚介類にも甚大な被害が出ている。レアメタル精錬でも毒性の強い化学剤をそのまま使うので地下に染みこみ、河川周辺の住民も井戸水が飲めなくなった。

 植林も進んでいないため保水力がなく、治水は後手後手だ。河川の氾濫が続けば、そのまま汚染水が住宅地や農地に流れ込む。各地に奇病が流行し、鳥インフルエンザが猛威をふるう。

 石炭業界も大問題である。

 火力発電所は都会の真ん中にあるが、煙突が30メートル程度しかない(日本では200メートル以上も多い)、煤煙(ばいえん)、粉塵(ふんじん)をまき散らし、マスクを何枚も重ねないと町を歩けない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。