中国、止まらないデフォルト連鎖 巨大銀行の不良債権、不動産バブル崩壊… (2/2ページ)

2014.04.02


習近平主席(左)と李克強首相の指導体制をデフォルト連鎖が襲う(共同)【拡大】

 高利回りの理財商品は個人投資家などが購入し、銀行から融資を受けられない不動産会社や地方政府などが資金調達している。理財商品に相次いでデフォルトが発生すれば、不動産会社や地方政府の過剰債務問題がさらに悪化することは避けられない。

 ただ、銀行側にとっても不良債権の急増に直結する。英紙フィナンシャル・タイムズは、中国の大手銀行が不良債権処理を倍増させたと報じた。昨年末の不良債権比率は1%を下回るが、実際の不良債権は公表の5倍はあるのではとのマーケットの見方も伝えている。

 アジア経済に詳しい企業文化研究所理事長の勝又壽良氏は中国の不動産問題についてこう指摘する。

 「不動産が中国最大の成長産業であったことは事実だが、不動産に傾斜した経済運営はまともでなく、ついに限界にぶち当たった。バブル崩壊にも打つべき手はないという状況に追い込まれている」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。