【断末魔の中韓経済】韓国の悲惨な若者たち 大学卒業と同時に4割が「失業者」 (1/2ページ)

2014.04.03

★(3)

 2013年、韓国政府が経済の政策目標の第1位に挙げたのは「良質な雇用の創出」であった。特に、若年層の雇用環境(『実際の』雇用環境)は悲惨の極地で、大学を卒業と同時に4割強が「失業者」と化す。韓国の12年度の大卒の就職率は56・2%に過ぎず、しかも就職できた新卒であっても、非正規労働者が全体の3分の1に及んだ。

 すなわち、韓国の大学を卒業した若者のうち、当初から正規労働者として働けるのは、全体の40%に満たないという話だ。韓国の新卒の若者にとって、正規雇用はまさに「狭き門」なのである。

 そもそも、韓国は大学が多すぎる。何しろ、韓国は25歳から34歳までの「青年層」の大学教育履修率が64%(11年)に達し、OECD(経済協力開発機構)加盟34カ国の中で最も高い。大卒が多い割に、該当年齢層の大卒者の就職率は75%に過ぎず、こちらはOECD諸国で最下位だ。

 ところで、大学を出たにも関わらず、就職していない若者が何をしているかといえば、もちろんNEET(ニート)である。ILO(国際労働機関)が13年5月20日に「世界青年雇用動向」を発表したのだが、韓国のニート率(15歳から29歳まで)は実に20%弱と、日本の10%弱の2倍であった(最もニート率が低かったのはルクセンブルクで、7・1%)。韓国の人口は日本の半分未満である。それにも関わらず、若者のニートの人数で比べると、日本は韓国の後塵を拝している(笑)。

 韓国の若者の雇用環境の悲惨さは、当然ながら政権の頭痛の種だ。というわけで、例により韓国政府は「統計マジック」を駆使し、指標を実態よりも「良く見せかける」努力を続けている。具体的には、青年就業率である。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!