韓国船沈没、朴大統領は「邪魔」 現場行って混乱拡大、菅元首相と同じ… (1/2ページ)

2014.04.19


菅直人元首相【拡大】

 韓国南西部、珍島(チンド)沖で発生した旅客船「セウォル号」沈没事故をめぐり、朴槿恵(パク・クネ)大統領をはじめとする政治家らが現場に相次ぎ詰めかけていることに批判が集まっている。国家の最高責任者が現地に入れば、捜索・救助関係者が受け入れ準備や説明に追われて混乱するのは必至。その姿は、2011年3月の東日本大震災発生の翌日に福島第1原発を視察した菅直人元首相と重なる。

 一向に救助が進まない前代未聞の大惨事。韓国海洋警察は18日夜に沈没した船の乗客数と救助者数を訂正し、死者、不明者の合計が増えて302人に達した。うち29人が19日未明までに遺体で見つかり、さらに同日早朝、ダイバーが船内で3人の遺体を発見したと明らかにした。

 韓国国内が騒然とするなか、朴氏が行方不明者の家族が待機する珍島の体育館を訪れたのは、事故翌日の17日午後。韓国紙・中央日報によると、大統領府幹部が現地の混乱を恐れて反対したが、朴氏は「行くことに決めた」と聞く耳を持たなかったという。

 「大統領が約束しても守られないことがある」

 「嘘付くなこの野郎」

 珍島の体育館で朴氏を待ち受けていたのは、家族の罵倒だった。「こんなところに来ないで早く対策を立てろ」と迫る家族に対し、朴氏は困惑した表情を見せた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。