韓国船沈没事故、各紙が朴槿恵政権を激烈に批判 お粗末な対応に怒り爆発 (1/3ページ)

2014.04.21


韓国・珍島を訪れた李柱栄海洋水産相(中央)は、怒った行方不明者の家族にもみくちゃにされた=20日(ロイター)【拡大】

 300人を超す死者・行方不明者を出した韓国・珍島(チンド)沖の旅客船「セウォル号」の沈没事故が朴槿恵(パク・クネ)政権を激しく揺さぶっている。日を追うごとに死者が増える後手後手の対応と危機管理の甘さに国内のいらだちはピークに達し、韓国各紙も「三流国家」「じたばた政府」と猛烈に批判し始めた。60%台の高い支持率を維持してきた朴政権だが、この事故が歴史的評価を決めかねない重大な局面になりつつある。

 事故発生から21日で6日目を迎えた。船体は完全に水没し、引き揚げ作業にも着手できない状況が続いている。

 韓国海洋警察などは20日夜から21日朝にかけて夜通し捜索を続け、船内や海上から計6人の遺体を収容。死者は64人、行方不明者は238人となった。21日朝までに生存者は見つかっていない。決死の救助にあたっていた海軍兵士1人が死亡するなど二次災害も起きた。

 大規模事故を前に慌てるだけでほとんど機能しない現政権に、韓国各紙はそろって批判を開始した。

 「韓国は『三流国家』だった」「国民が不信の烙印を押した“じたばた”政府」などの見出しを掲げた記事を相次いで掲載。朝鮮日報は「国民は政府関係者の事故対応能力がいかに低レベルかを改めて知った」などとし、朴政権が日本の総務省に近い役割とされる「行政安全省」を、国民の安全が最優先との方針から「安全行政省」に変更したにもかかわらず、「このざまだ」と批判した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。