オバマ大統領、アジア歴訪で中国を牽制 フィリピンで新軍事協定

2014.04.28


会談後に記者会見するオバマ米大統領(左)と、マレーシアのナジブ首相(ロイター)【拡大】

 オバマ米大統領が、アジア歴訪で習近平国家主席率いる中国を威圧している。日本で「沖縄県・尖閣諸島には日米安全保障条約が適用される」と明言したのに続き、マレーシアでは海洋安全保障を含む協力関係を強化。フィリピンとは米軍派遣拡大を図る新軍事協定を結んだ。東シナ海や南シナ海で、軍事的野心をあらわにする中国をけん制する狙いだが、果たして頼りになるのか。

 米国とフィリピンの両政府高官は28日、新軍事協定に署名した。オバマ氏が同日、フィリピン入りするのに合わせた。冷戦終結後の1992年までにフィリピンから完全撤退した米軍が22年ぶりに回帰することとなる。

 両政府によると、協定の有効期間は10年で、更新も可能。フィリピン側によると、米軍はフィリピン軍の全基地を使用できる。米軍が拠点として重視するのは、ルソン島のクラーク空軍基地や米海軍基地があったスービック地区。補給・装備物資を常備する施設の建設や、航空機や艦船の巡回派遣も可能となるが、核の持ち込みは禁じる。

 これに先立ち、オバマ氏は27日、マレーシアのクアラルンプール郊外でナジブ首相と会談した。両国は、南シナ海でマレーシアやフィリピンなどと領有権問題を抱える中国を念頭に、海洋安全保障を含む包括的な協力関係を強化することで合意した。

 オバマ氏は親中姿勢が目立つが、大丈夫か?

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「ペンタゴン(米国防総省)や米議会良識派は、米中新冷戦時代や、中国の脅威を理解している。ただ、オバマ氏がトップでは新冷戦を戦い抜くには不安がある。また、米軍は財政難から予算上の制約もある。かつての冷戦時代のようには頼りにならない。日本やASEAN(東南アジア諸国連合)諸国がしっかりすべきだ。そのうえで、米国の次期リーダーに期待するしかない」と語っている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!