【外信コラム】「機長を出せ!」 韓国人気質と人治社会

2014.04.30

 韓国の航空機内でよく目撃するが、乗客が客室乗務員に何か大声で文句を言い要求していて、らちがあかないとみるや決まって「機長を出せ!」と叫ぶ。こちらはそばで思わず「オイオイ、それはないだろう、機長は操縦中なんだよ!」と言いかける。

 今回の大型旅客船沈没事故でも似た風景が見られる。現場近くに押しかけている犠牲者の家族の一部が、大統領に“直訴”のためソウルに向かおうとデモをしていた。朴槿恵大統領はいち早く現場を訪れ、家族の声を聴き直接、各種の指示を出しているのに。

 韓国社会は何事もトップダウンつまり“上意下達”だから人びとは下の者を信じない。上に訴え上からコトを動かそうとする。組織や規則(マニュアル)ではなく人で物事が動いているということだ。法治社会ではなく“人治社会”といわれるゆえんだ。

 同規模の犠牲者が出た1993年の西海フェリー沈没事故は、悪天候で出航を見合わせていた船長に乗客たちが「早く船を出せ!」と迫り、無理に出港させたのが原因だった。政府や船会社だけを非難してもはじまらない。日常的に規則、決まり無視が横行し、不満があるとすぐデモで直訴となる。日本大使館前に無許可で設置されたままの慰安婦像など“反日無罪”もその例だ。(黒田勝弘)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。