中国不動産マネーが日本に大流出 富裕層は母国を見切り資産のリスク分散 (1/3ページ)

2014.04.30


中国の不動産バブル崩壊を恐れ、投資マネーは東京都心のマンションにも動き始めた【拡大】

 不動産バブルの崩壊懸念が膨らむ中国から、チャイナマネーが流出している。元本保証のない理財商品のデフォルト(債務不履行)懸念や大手銀行の不良債権問題がくすぶるなか、逃避先として日本の不動産に向かっているというのだ。専門家は「中国人富裕層が、資産の“民族大移動”を始めた」と指摘。「赤い資本家」が母国に見切りをつけだした。

 3月下旬の2日間、上海市中心部にあるホテルに中国全土から投資家が集まっていた。「投資日本」と銘打たれて行われたのは、東京都内の新築高層マンションの展示会だった。

 案内を受け取った中国人実業家は「主催者側のターゲットは現地の富裕層。現在、中国では日本の不動産人気が高まっており、こうした展示会や販売会が頻繁に開催されている」と話す。

 展示会を主催したのは日本を代表する大手総合商社。「VIP顧客向け高級マンション」とアピールするだけあって紹介されたのは、都心の一等地に建つ高級物件ばかりで、引き渡し時期が2015年4月の銀座の物件は、広さ約60〜約78平方メートルで価格は350万元(約5705万円)から。「皇居周辺」と紹介された約85〜約100平方メートルの千代田区平河町の物件は、720万元(約1億1736万円)からといった具合だ。

 この実業家が受け取ったイベントの案内には「子供のために日本の医療保険や義務教育を享受することができる」ともあり、投資目的だけではなく日本への移住を望む中国人にアピールする狙いもあるようだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!