朴大統領の弔問にやらせ疑惑 「遺族かどうか疑問だ」

2014.05.01

 韓国の旅客船沈没事故で、朴槿恵(パク・クネ)大統領が先月29日にソウル郊外の安山の合同焼香所を弔問した際に声を掛けた喪服姿の女性について、犠牲者遺族から30日「見たことのない人で遺族かどうか疑問だ」との声が上がった。

 この女性は赤っぽいマニキュアをしていたことなどから、本物の遺族とは思えないとの指摘も出た。朴氏が「遺族」を慰める場面を当局側が事前に準備し、やらせで演出したのではないかとの疑惑を韓国メディアは報じている。大統領府は「誰がどういう人なのか分からなかった」と説明しているが、朴氏が訪れた時は警護上の理由から、遺族以外は入場が禁じられていた。

 また朴氏が29日の閣議で、初動対応に不手際があったと認めて謝罪したことに対し、事故の遺族代表は30日までに国民の前で謝っていないとして受け入れないと表明した。朴氏が謝罪した姿は録画映像で放映されたが、聯合ニュースなどによると、遺族代表は「非公開の(場での)謝罪は謝罪ではない」と表明した。 (共同)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。