朴大統領“やらせ弔問”疑惑の波紋 抱擁の老女「自分は遺族ではない」 (1/2ページ)

2014.05.02

 韓国・珍島(チンド)沖での旅客船「セウォル号」沈没事故で、朴槿恵(パク・クネ)大統領がソウル郊外・安山の合同焼香所を弔問した際、朴氏と抱擁した老女の正体をめぐって波紋が広がっている。犠牲者遺族から大統領府側の「仕込み」ではないかとの疑問が浮上しているのだ。当局側は打ち消しに躍起だが、事故対応の遅さに遺族から猛烈な批判を浴びせられる朴氏だけに簡単には収まりそうにない。

 朴氏が合同焼香所を訪れたのは4月29日。喪服姿の老女が朴氏に接近して抱擁、慰労を受けた。

 この老女について、犠牲者遺族から30日になって「見たことのない人で遺族かどうか疑問だ」との声が上がり、老女が赤っぽいマニキュアをしていたことなどから本物の遺族とは思えないとの指摘も出ている。

 韓国メディアは、朴氏が「遺族」を慰める場面を当局側が事前に準備し、やらせで演出したのではないかとの疑惑を報道。大統領府の報道官は、焼香所には多くの人がおり「誰がどういう人なのか分からなかった」と説明、朴氏が訪れたときは警護上の理由から、遺族以外は入場が禁じられていたなどとやらせ疑惑を打ち消している。

 だが、韓国メディアなどによると、遺族しか入れないはずなのに、この老女は「自分は遺族ではなく、たまたま献花台を訪れた」と話していたといい、当局の説明と食い違う部分もある。

 死者が226人、76人が安否不明という事態を受けて、5月2日の聯合ニュースは、日刊紙「ネイル新聞」の世論調査で、4月30日の朴氏の支持率が3月の調査から13ポイント低い48・8%まで落ちたと報じた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。