【韓国×北朝鮮 いざ戦えば】北の野砲&短距離ミサイルでソウルは火の海になる (1/2ページ)

2014.05.13


韓国のK1戦車(AP)【拡大】

★陸の戦い(1)

 再び朝鮮半島有事とならば、その主たる戦いは地上戦闘となるだろう。このため、朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国も、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記率いる北朝鮮も、陸上戦力の拡充に力を入れている。

 韓国の陸上兵力は52万人で、その他に精強部隊である海兵隊約2万7000人を擁している。

 一方、北朝鮮の陸上兵力は102万人。その数は、中国、インドに次いで世界第3位だ。さらに敵陣に侵入して情報収集や破壊工作を行う特殊部隊が20万人もいるといわれており、その数は世界一である。

 北朝鮮は1996年、小型潜水艦で武装工作員21人を韓国に侵入させた。この掃討のため、韓国軍は述べ6万人もの兵士を投入せざるを得なかった。侵入攻撃が同時多発した場合、韓国軍は手の施しようがなくなる。

 筆者の推測だが、韓国で先日発見された北朝鮮無人偵察機は、韓国内に潜伏する3万人ともいわれる北朝鮮工作員が操縦していた可能性がある。

 次に、陸戦の王者「戦車」である。

 韓国軍は、国産戦車「K1」など約2400両を保有し、最新鋭戦車「K2」の開発も進めている。だが、エンジンとトランスミッションの国産化に失敗するなど、トラブルが続いている。専門家によると、韓国の戦車の搭載機器は外国製品の寄せ集めで、無理やり国産化するため、さまざまな問題が生じるという。

 北朝鮮による延坪島砲撃事件(2010年11月)での韓国軍の反撃でも、同国の兵器製造技術の脆弱さが露呈した。韓国軍は、国産の最新鋭155ミリ自走榴弾砲「K9」で応戦したが、6両のうち3両が故障で使えなかったうえ、K9が撃った砲弾がことごとく北朝鮮軍陣地後方の畑に着弾していたのだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。