【韓国×北朝鮮 いざ戦えば】韓国の反日剥き出し「欠陥海軍」と北の時代遅れも不気味な「水軍」 (1/2ページ)

2014.05.14


海中から引き揚げられた韓国のコルベット艦「天安」 (AP)【拡大】

★(2)海の戦い

 近年、増強著しい韓国海軍は、イージス艦をはじめ駆逐艦11隻、フリゲート艦9隻、潜水艦12隻を含む艦艇190隻を保有している。ハイテク国産艦も次々と就役させており、日本を挑発するような名称の強襲揚陸艦「独島(ドクト)」も、「アジア最大の強襲揚陸艦」などと自画自賛していた。

 ところが、これがとんでもない欠陥艦艇だった。

 搭載レーダーの発するビームが、自艦の甲板に反射して「あるはずのない標的」が映った。対空防御兵器の1つを不適切な位置に取り付けため、甲板上の自軍ヘリコプターを射撃してしまう危険性が発覚した。さらに、昨年9月には発電機室の火災で漂流するという、軍艦としてあるまじき失態をさらしたのである。

 通常、艦艇建造にあたっては、運用上の問題から同型艦を2〜4隻建造するものだが、深刻な欠陥の露呈により、2隻目の同型艦の建造が見送られたままになっている。

 一方の北朝鮮海軍は、その実態は「海軍」などといえるようなレベルではなく、「水軍」といった方が正確だろう。数こそ650隻だが、新型のフリゲート艦3隻と潜水艦23隻以外は、ミサイル艇や哨戒艇などの小型艦艇がほとんど。これらも著しく旧式で、とても近代戦は戦えない。

 潜水艦も、旧ソ連の「ロメオ級潜水艦」を20隻、「サンオ級小型潜水艦」および「ユーゴ級潜水艇」を合わせて60隻ほど保有しているが、これも旧式すぎる。

 ただ、北朝鮮の潜水艦は2010年3月、韓国のコルベット艦「天安(チョンアン)」を撃沈しているのだから、その腕前はバカにできない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。