【外信コラム】すべて他人が悪い? 韓国では規則より“人情”優先

2014.05.17

 旅客船沈没事故の“お通夜ムード”はまだ続いているが、週末にこんな風景があった。鉄道で地方に出かけた際、機関車を含め7両編成の列車が途中の地方都市の駅で停車後、発車しホームの端まできたところで急ブレーキがかかった。窓の外をのぞくと乗客が列車を追いかけてきているではないか。

 列車は急停車して客を乗せたのだが、これが韓国である。運転上の“規則”より急停車してでも乗り遅れの客を乗せてやるという“人情”が優先し、それにみんなが納得するのだ。安全対策など規則の無視、軽視が国家的大問題になっていてもこれである。

 1980年代初め、全斗煥・新政権の世直しキャンペーンに「請託排撃運動」というのがあった。血縁、地縁、学縁、その他…知った仲という人脈を利用した「頼み頼まれ」は不正・腐敗・汚職の原因だからやめようというわけだ。実に正論だったが、政権内部も国民も法や規則より人脈による“人情”が優先するという体に染みついた習慣、つまり“文化”から抜け出せず何の効果もなかった。

 今回、安全軽視や規則無視など日ごろの自分の問題として考えようという声の一方で、流れは企業や政府そして「大統領が悪い!」になりつつある。結局は「悪いのはいつも他人」か。(黒田勝弘)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!