【日韓の深層】天に唾する日本への慰安婦攻撃 いずれ「売春大国」韓国が明らかに (2/2ページ)

2014.05.31


韓国系団体が、米カリフォルニア州グレンデール市に設置した慰安婦像(AP)【拡大】

 欧米で、慰安婦問題について日本の旗色は確かに悪い。欧米人には「家族のために娘が身を売る」といった発想自体がなく、「うすうす知っていても口に出したりしない」という東洋的な曖昧さも理解されにくい。権力に強制されたに違いないと誤解されがちだ。

 そのあたりを韓国は巧妙に利用したのだが、より深く調べれば「売春大国」としての、韓国社会の闇も論じられることになるだろう。

 また、中国も韓国も、日本の過去の過ちを執拗(しつよう)に蒸し返すことで短期的には満足だろうが、それでいいのか。

 戦後の日本が清く正しいのに比べて、欧米的基準での人権侵害への処罰を、過去何十年にも遡(さかのぼ)って適用すれば、中韓の指導者は将来、悪夢に悩まされることになるのではなかろうか。

 ◇

 訂正 27日付の「日韓の深層(2)」の中で、『魏志倭人伝』とあるのは『梁書・東夷伝』の誤りでした。

 ■八幡和郎(やわた・かずお) 1951年、滋賀県生まれ。東大法学部卒業後、通産省入省。フランス国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任し、退官。作家、評論家として新聞やテレビで活躍。徳島文理大学教授。著書に「本当は偉くない? 世界の歴史人物」(ソフトバンク新書)、「日本史が面白くなる『地名』の秘密」(洋泉社)など多数。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。