ウクライナ問題は知らん顔が一番 (1/2ページ)

2014.06.01


ロシアのプーチン大統領(左)と中国の習近平国家主(共同)【拡大】

 中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領は20日、上海で共同声明を発表し、内政干渉や一方的制裁に強く反対することを表明した。両首脳は、中露海軍が20−26日に東シナ海で実施した合同軍事演習の開始式典にもそろって参加し、軍事面での相互協力もアピールしている。

 南シナ海での領有権問題で米国から批判される中国と、ウクライナ問題で欧米と激しく対立するロシアが、米国、欧州の牽制(けんせい)で足並みをそろえたことになる。

 今回、この2つの国が仲良くなったのは、米国のオバマ大統領が強硬姿勢をとって、「寂しい者連合」に追い込んでしまったからだ。米ソ冷戦時代の苦い経験をオバマ氏はわかっていないようだ。

 ロシアは天然ガスを欧州各国に輸出しているが、その価格はロシアの仲間かどうかで決まってくる。西欧諸国が最も高く、かつてはウクライナとベラルーシは低価格だった。それが、ウクライナが親欧米路線を進めるにしたがい、価格は上昇し、現在では西欧並みになった。独裁者ルカシェンコ大統領がロシアの言うことを聞くベラルーシのほぼ2倍だ。

 ロシアの戦略はわかりやすい。だから、ウクライナや西欧諸国はこの先に値上げがあるのではないかと戦々恐々としている。

 そんななか、ロシアの国営ガス会社ガスプロムは21日、中国石油天然気集団と天然ガス供給契約を結んだ。中国の年間ガス消費量の約20%に当たる量をパイプラインで輸出する。期間は30年、総額約40兆円だ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!