ウクライナ問題は知らん顔が一番 (2/2ページ)

2014.06.01


ロシアのプーチン大統領(左)と中国の習近平国家主(共同)【拡大】

 1年で1兆3000億円ぐらいだから、あまり大きい契約ではない。ただ、40年という長期契約は、“アイラブユー、フォーエバー”という感じもしないではない。当初、価格の問題で中露両国はもめていたようだが、今回は“寂しがり屋”同士の巨頭会談もあって、価格も合意できたわけだ。ロシアとフレンドになったら低価格で、フレンドでなくなったら高価格。今後、中国と同じ値段で日本に売ってくれるかどうかがキーポイントになる。

 その意味でも、日本は今回、ウクライナ問題でバカなことをやったと思う。谷内正太郎国家安全保障局長が訪露して、大統領の側近のパトルシェフ安全保障会議書記に、わざわざ日本の立場を説明しに行ったと聞いて、開いた口がふさがらないくらい驚いた。プーチン氏もこれを聞いて怒ったようだ。

 ウクライナ問題は知らん顔をしているのが一番。これが私の考えだ。余計なことをしたおかげで、将来の天然ガスの値段が高くなるというデメリットに加え、北方領土の解決にも暗い影を落とした。岸田文雄外相が谷内氏をロシアに派遣したのは、決定的に外交センスが悪いと思う。

 ■ビジネス・ブレークスルー(スカパー!557チャンネル)の番組「大前研一ライブ」から抜粋。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!