韓国、焦りの暴走 竹島沖で射撃訓練 室谷氏「河野談話検証にマズイ…」 (1/2ページ)

2014.06.20


昨年10月、竹島で防衛訓練を行う韓国軍(韓国海軍提供・聯合=共同)【拡大】

 韓国海軍は20日午前、島根県・竹島(韓国名・独島)沖の日本領海を含む海域で射撃訓練を実施した。日本政府は訓練中止を申し入れていたが、韓国は強行した。安倍晋三政権が同日、慰安婦に関する「河野洋平官房長官談話」の検証結果を国会に報告するため、「韓国のウソ」が発覚することへの焦りの可能性もある。

 「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らし、絶対に受け入れることはできない。極めて遺憾だ」

 菅義偉官房長官は同日午前、こう韓国を批判した。小野寺五典防衛相も「受け入れることはできない」と明言した。

 訓練海域は、韓国東方の東西約150キロ、南北約55キロの長方形で、このうち北東端の一部が、竹島沖約22キロの日本領海と重複している。

 韓国国防省関係者は20日、「訓練は定期的に行っている通常のものだ」と平静を装ったが、この訓練には「意図」がある。

 安倍政権は同日午後、日本と日本人を貶め続けている1993年の「河野談話」の検証結果について、衆院予算委員会の理事会に報告するのだ。

 河野談話については、ずさんな聞き取り調査のまま、韓国側の「元慰安婦の証言を認めてやってほしい」との要請を受けて発表されたことが発覚している。韓国側は当時、「これで過去の問題は決着する」と示唆していたが、約束は守られず、いまや朴槿恵(パク・クネ)大統領が先頭に立ち、世界中で「告げ口外交」を展開している。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。