韓国軍、銃乱射事件で“病根”浮き彫り 人手不足で問題兵士が最前線に… (1/2ページ)

2014.06.24


乱射した兵長を捜索する韓国軍。不適格者を多く抱える組織の悩みは深い(聯合=共同)【拡大】

 韓国北東部の江原道高城郡で起きた軍兵士による銃乱射事件で、逃走していた兵長(22)が23日に自殺を図って取り押さえられた。兵長は昨年11月まで自殺の懸念がある「特別管理対象」に指定されていたが、こうした不適格者は韓国軍全体で1〜2割も存在する。韓国軍では兵士の銃乱射が相次いでおり、最高司令官・朴槿恵(パク・クネ)大統領の責任も問われそうだ。

 兵長の容体は不明だが意識はあるとの情報もある。軍は容体が回復次第、取り調べを始める。

 韓国国防省によると、兵長は周囲となじめず、自殺や突発的な行動に特に警戒が必要な「特別管理対象(A級)」とされていたが、昨年11月に状態が改善したとして1ランク下の「重点管理対象(B級)」と判定され、実弾を所持する最前線の警戒任務に就いていた。

 しかし、B級兵士は、自殺を考えたり、いじめを受けたりする懸念があり、事故誘発リスクがある兵士が指定される。そんな問題兵士がなぜ、北朝鮮と対峙する最前線に投入されたのか。

 背景には、韓国軍が抱える“病根”がある。

 同省によると、兵長が所属する陸軍第22師団ではA・B級兵士が約800人おり、全体の1割近くになる。入隊100日未満の兵士が分類されるC級も合わせると、2割(約1800人)に達する。22師団は東海岸に侵入する北朝鮮工作員の警戒も任務としており、慢性的な人手不足に陥っており、背に腹は代えられないというわけだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!